カセットコンロ ボンベ過熱に注意を 破裂事故5年で5件

10月7日20時42分配信 毎日新聞

 私立豊南高校(東京都豊島区)で9月、カセットコンロのガスボンベが破裂し15人が重軽傷を負った事故に絡み、独立行政法人「製品評価技術基盤機構」は7日、同様の事故が他にも過去5年で5件発生し、計28人がやけどなどの軽傷を負っていたと発表した。いずれもボンベ収納部の上が鍋などで覆われていたためにボンベが過熱したとみられ、注意を呼びかけている。

 機構によると、豊南高の事故では、1枚の鉄板の下に2台のカセットコンロを並べて使用しており、1台のボンベの収納部の上が鉄板で覆われていた。鉄板の熱でボンベの表面温度が約300度に上昇し、内部の圧力が高まって破裂した可能性が高い。火が消えても爆発する危険性があるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA