道産和牛をアメリカに初輸出

北海道産の最高級牛肉、「かみしほろ和牛」が、道産牛肉としては初めて、アメリカに輸出されることになりました。

高級な牛肉の消費が、伸び悩むなか、関係者は新たな市場の開拓に期待しています。

鉄板の上で、今にもとろけそうな霜降りの肉…。

十勝の上士幌町で生産されている、「かみしほろ和牛」の特徴は、柔らかさと脂身の甘み。

日本食肉規格協会の規格では、松坂牛(まつさかうし)などと並ぶ、最高級のランクとなっています。

このかみしほろ和牛が北海道産の和牛としては初めて、アメリカに輸出されることになりました。

今回輸出される10頭は、ニューヨークなどの和食レストランでステーキなどになるということです。

上士幌町農協はアメリカでの評判が良ければ、今後、輸出を増やすことも検討しています。

[25日12時55分更新]

北海道放送 HBC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA