オバマ大統領モニュメント 岐南の金属加工会社が小浜市に贈る

4月7日12時25分配信 中日新聞

 岐南町の金属加工会社・スギハラエンジニアリングズは6日、オバマ米大統領の応援で知名度を上げた福井県小浜市に、大統領をかたどったモニュメントを贈った。
 一枚の鉄板をレーザー光線で切り抜き、顔がちょっと大きめの大統領の立ち姿に仕上げた。高さ1・5メートル、重さ20キロ。日本に来て20年という同社のグリフィス・デイン工場長(41)=米国出身=のアイデア。同社は同様のデザインを施したブックスタンドの販売も予定しており、その前に寄付を申し出た。市役所の市長応接室で受け取った松崎晃治市長は、一筆書きのようにして加工した目元に触れながら「よく、似てますね」と感心した様子。
 訪れた杉原昇社長(48)とデイン工場長は、大統領選時のスローガン「YES WE CAN」と書いたたすきを持参。「大統領の応援で盛り上がる小浜市から元気をもらった。地方の会社でもこうした製品をつくることができることを示したかった」と話し、松崎市長と笑顔でこのスローガンを唱えた。
 (池上浩幸)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA