文化シヤッター、静音で軽く動く高齢者集合住宅向け玄関引き戸

5月8日12時8分配信 nikkei TRENDYnet

 文化シヤッターは、高齢者集合住宅向けの玄関引き戸「ヴァリフェイス」を2009年5月15日に発売する。従来の病院・施設向けドアの技術をベースに、軽くて静かな機能性を重視した引き戸で、豊富なカラーとデザインを用意した。

 高齢者向け住宅に対応した木質系タイプの玄関用引き戸。扉の開閉音が50dB以下の静音仕様で、わずかな力で開けられる。開閉方式は「自動閉鎖式」と「手動式」の2種類から選択可能。床面にレールのない上吊り方式を採用し、歩行や車いすの通過の妨げにならないバリアフリー設計。戸先には「手詰め防止ゴム」を装着し、安全性にも配慮した。

 扉のカラーバリエーションは木目を基調に10色、扉の基本デザインを6種類用意したほか、オリジナルのデザインにも対応する。表面材は、MDF(中密度圧縮合板)に木目調の化粧シートを張った「木質系汎用タイプ」と窯業系板に化粧シートを張った「木質系不燃タイプ」、化粧鋼板を用いた「鋼製タイプ」の3タイプ。

 有効開口幅は592~1062mm、有効高は1800~2100mm。ドアハンドルは7タイプを用意。オプションとして施解錠の音を約10dB抑えた静音タイプの錠前や、玄関そばの柱や壁面に設置できて居室の目印となる「メモリーボックス」を用意した。

 参考価格は24万9000円(有効開口幅1000×有効高2000mm、木質系不燃タイプH1デザインの場合、取付工事費別)。(文/田中武臣=Infostand)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA