<首都高>工事のモルタルこぼれ31台被害 東京・目黒

8月29日0時2分配信 毎日新聞

 28日午前11時35分ごろ、首都高中央環状新宿線に建設中の大橋ジャンクション(東京都目黒区大橋1)の工事現場から、約6メートル下の首都高3号渋谷線・下り線に液状のモルタル約100リットル(約250キロ)がこぼれた。走行中の乗用車など少なくとも31台にかかったが、けが人はいない。

 首都高速道路(東京都千代田区)によると、モルタルが漏れたのは同ジャンクションの新宿線から渋谷線の上りに接続する高架の建設現場。車両落下を防止する側壁の内部を固めるためにモルタルを流し込んでいたところ、側壁の外側を覆う鋼板の数センチの継ぎ目からこぼれたという。

 同線下り線は路面の清掃などのために約3時間にわたり1車線に規制され、約5キロ渋滞した。同社は運転手からの苦情で把握したといい、「再発防止に努めたい」と話している。【石原聖】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA