【天皇賞・秋】ウオッカ連覇、不動の◎

ウオッカに連軸不動の◎。少なくとも2着は外さない。

 ひと叩きでガラリ一変するのは過去の実績が示すとおり。東京の2000メートル以下【4300】のパフォーマンスを振り返っても、よほどのことがない限りV候補の筆頭というとらえ方でいいだろう。ただ、マイルでみせる圧倒的な強さが距離延長とともに薄れていくのも事実。“頭鉄板”とまでは言い切れず、歯切れは悪いが連軸というスタンスで馬券に臨む。

 逆転可能なのは2頭。前走の再現を狙う〇カンパニー、右回りの前走でGIホースを相手に力試しを完了、ベストの東京で天下獲りに挑む▲シンゲンだ。(本紙・村瀬)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA