たこ焼き、フランクフルトで人気 日本総領事が振る舞う

 ドイツの在フランクフルト日本総領事館が11日夜(現地時間)開いたパーティーで、大阪名物のたこ焼きが欧州各国の外交官ら約500人に振る舞われた。

 今夏まで大阪府庁に出向していた重枝豊英・総領事が「大阪文化を伝えたい」と企画。大阪からたこ焼き店のベテラン料理人が鉄板持参で出向き、職人技も披露した。

 ドイツ向けにソーセージとジャーマンポテト入りも用意したが、意外にも一番人気はタコ。たこ焼き店を展開する会社の役員は「欧州で知名度をあげて、ミシュランに売りこみたい」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA