小栗旬初監督映画『シュアリー・サムデイ』、イベント大盛況

構想4年、製作1年、足掛け5年にも及ぶ小栗旬初監督作品『シュアリー・サムデイ』。物語を牽引する小出恵介を筆頭に小栗旬自ら参加したキャスティングによって、アクション、サスペンス、サプライズ溢れる青春群像エンタテインメントの誕生となった。

◆<シュアリー・サムデイ・スーパー・サマー>画像

本作の公開直前イベントとして、7月11日東京国際フォーラムで<シュアリー・サムデイ・スーパー・サマー>が開催され、巧(小出恵介)withシュアリー・スターズの最初で最後のライブステージを披露、主題歌をはじめトータス松本、菅野よう子×手嶌葵さんのパフォーマンス、そして小栗監督とキャストたちのトークセッションなど、今夜限りのイベントに大盛り上がりとなった。

──皆さん映画はいかがでしたか?実は今日皆さんといっしょに小栗監督も映画を観ていたんですよ。小栗監督どこですか〜?

…というMCのLiLiCoの呼びかけに応じて、小栗監督が後方の客席から登場。まさか場内客席にいたとは知らず、会場は悲鳴のような大歓声。客席の間を歩き、お客さんたちの歓声に答えながらゆっくり舞台まで歩いて登場となった。

小栗監督:いやーいい映画でしたね(笑)。面白かったです。皆さん笑ってほしいところで笑ってくれていたので。やっぱり大竹しのぶさんは鉄板ですね!最初は皆さんの空気が固かったんですけど、途中から皆さんが集中してみて下さっているのが分かったのでよかったです。

──ありがとうございます。ではゲストの紹介をして下さい。

小栗監督:なんか僕ら紅白歌合戦の司会見たいですね(笑)。では、1人目の方を紹介します。まさか来てくれるとは思わなかったです。トータス松本さんです。

トータス松本:小栗くんと俳優の皆さんスタッフのみなさん、こういう日を迎えられておめでとうこざいます。緊張するな。なかなかないですよね。結婚式とこういうイベントに呼ばれて演奏するのが1番緊張するんですよ。すごい前に小栗くんと酒飲んでた時に「俺、映画つくりたいんですよ。監督やります」って話を聞かされて。「もしその映画の話が進んだらトータスさんに曲を書いてもらいたいんだけど、書いてくれますか?」って言われたんですよ。その時は酔った勢いで「うん」って言って。でも、本当にやるとは思っていなくて。それからしばらくして本当に映画を撮ることになって、「小栗やるな〜」と思いました。それで、約束通り曲を書いたんです。主人公達がバンドを始めるってなった時に、俺だったらどういう曲を書くかなと想像して書いた曲です。では、聞いて下さい。

ここで、アコースティックバージョンの「シュアリー・サムデイ」を情感たっぷりにトータス松本がパフォーマンス、曲が終わった後、客席にむかってピックを投げ込んで場を盛り上げた。その後、イベントに来られなかった出演者からのビデオメッセージが紹介、そのままメイキング映像の上映と、小栗監督やキャストのスライドショーが公開された。

上映が終わると幕が上がり、そこには菅野よう子と手嶌葵が登場。2人は「Because」と「シュアリー・サムデイ」のストリングス&ピアノバージョンを披露し、そのすばらしい演奏に場内から大歓声を受けた。

小栗監督は、トータス松本、菅野よう子に音楽を依頼したその経緯を語った。

小栗監督:僕が中高生だった頃、トータスさんの曲にパワーをもらっていたんです。「こんなに気持ちのこもった曲を歌う人がいるんだな」と思っていて。ドラマとかで使われると、キャラクターの感情を後押しするような感じになっていると感じていました。だから、自分の映画でも、主人公達の背中を押す瞬間の曲を作ってほしいと言ったんです。初めて曲を聞いたときはしびれましたね。初めてバンドを組んだ子たちが作ったであろう曲なんですけど、そういう気持ちがこもっていて。劇中では巧が曲を書いたことになっているんですけど、「巧うまいこと書きやがったな」っていう感じでした。菅野さんに関しては、やってもらえるとは思っていなかったんですよ。ダメもとでお願いしてしまいました。僕、菅野さんのCDは全部持ってます。「カウボーイビバップ」というアニメがあるんですけど、その音楽がかっこよくて。ですから、自分で映画を作るなら菅野さんにお願いしたいと思っていたんです。菅野さんの曲で自分の映画を見てみたいなと。決まってからは夢のような作業でした。菅野さんに脚本を読んでいただいて、「やってくれるらしいよ」ってなって。シーンごとに音楽を作ってもらったんですけど、どの曲も合っていてビックリしました。音楽のおかげで映画は200倍ぐらいよくなりました。手嶌さんの歌もやばかったです。グッときました。素晴らしいです。なんであんなにキレイな声をしているんだろう。エンドロールはあの曲(「Because」)のおかげで500倍よくなりましたね。僕には音楽の才能が1個もないので…。

そんなエピソードを披露している間に、幕の後ろでは巧(小出恵介)withシュアリー・スターズのステージの準備が進んでいた。MCからの紹介を受け、舞台の幕が下り、巧(小出恵介)withシュアリー・スターズが登場。場内からは大歓声だ。劇中の衣装に身を包み、「シュアリー・サムデイ」を目配せをしながら演奏するメンバーに、場内の興奮も最高潮になり、1200人の観客が手を振り始めた。大歓声の中、4人の演奏が終了し、4人はつないだ手を挙げて歓声に応えた。

演奏終了後、小栗監督、小西真奈美も舞台に登場。ライブの興奮と演奏が終了した安心感で4人は放心状態のようだ。

小出恵介:出る前泣きそうだった。ヤバいよ。久々にこの服を着て、メイキングの映像を見て。こんなにたくさんの人の前で歌うの初めてだし。緊張しないわけないよ。なんかよく分からない。

ムロツヨシ:(小栗監督、小西真奈美にむかって)どうだった?

小栗監督:かっこよかった。ムロくん泣きそうじゃない?

ムロツヨシ:泣きそうだよ。旬、ありがとう。幕が下りた瞬間横の3人が本当にかっこいいなって思った。それなのにこんな緑(ムロツヨシ)がいてごめんね。

小西真奈美緑カッコよかったです!

鈴木亮平:国際フォーラムですよ。錚々たる面々がここに立ってきたわけですよ。だからその方たちに失礼にならないようにしようと思いました。

綾野剛:今よく分からないです。興奮しすぎて演奏中に指から血がでちゃいました…映画の撮影中も通じてこのメンバーでライブをするのは最後だなと思うと無性に寂しくなって……俺、今ちゃんとしゃべれてるかな?

全員:大丈夫、大丈夫

小栗監督:いやー、かっこよかった。

小西真奈美:興奮しました。メチャメチャよかった。始まる前に皆が舞台袖で円陣を組んでいて、私もその中に入りたいなと思ったんですけど、背中から緊張感が漂っていて声をかけられませんでした。

小栗監督:この前が、トータスさんと菅野さん&手嶌さんだからね。

ムロツヨシ:おかしいよね、順番が。

小栗監督:すごいよ、よくやった、ありがとう(監督と小出さんの固い握手)。こんなに素晴らしい人たちと映画を撮ったら面白くなりますよ。去年の今頃ちょうど撮影してました。昨日がクランクインした日だからちょうど2日目。2日目は冒頭の階段のシーンを撮っていましたね。4人が階段を駆け下りるところとか。

ムロツヨシ:そういえば、幻の文化祭のシーンを撮影しているときに、恵介がいきなりダイブしたことがあったよね(笑)。でも、いきなりだったからそこにいた人皆逃げちゃって…。

小出恵介:女の子ばっかりのところめがけて行ったら、いなくなっちゃった(苦笑)。

小栗監督:びっくりしたよ。恵介消えちゃったから(笑)。

ムロツヨシ:今日もやっちゃうんじゃないかって心配だったよ(笑)。

小出恵介:今日はちょっと客席が遠かった。(取材の)カメラマンに飛び込んじゃうからね(笑)。

ムロツヨシ:でも、ほんと去年1か月ぐらいバンドの練習したり撮影したのを思い出すよね。

小出恵介:この衣装を着ると本当に思い出すんだよ。暑くてパンツがピタピタになって。この靴で走ったんだよな。重くて、汗でビショビショになった(笑)。

ムロツヨシ:僕は走ってないから。さっきメイキング見たけどほんとうに走ってたね。ずっと小栗監督から4人がかっこいいとは聞いてたんだけどね。

鈴木亮平:走った、走った。靴が重くてね(笑)

小栗監督:川崎チネチッタの撮影では小西さんも走りましたよね。

小西真奈美:10センチのハイヒール履いて走りました(笑)

ムロツヨシ:いいシーンだと思って見てた(笑)

──小西さんはキャストの皆さんの印象はいかがでしたか?

小西真奈美:皆さん実際熱い人たちだなって思いました。現場でこれだけ同世代が集まっていると、ライバル心とかあると思うんですけど、自分自身と闘っているのを感じた現場でした。綾野さんは最初に会ったとき「僕暑いの苦手なんですよ」と言われて、予想通りでした(笑)。鈴木さんは逆に「暑いのは大丈夫そうだな」と思っていたんですけど、やっぱりその通りでした。役じゃない時もタンクトップを着ていて(笑)。

鈴木亮平:(今日は衣装のシャツの前がはだけているので自慢の腹筋が)今もいつ閉めようかなって思っているんですけど、タイミングを失いましたね(笑)。

小西真奈美:小出さんとは前に共演したことがあって、その時はお姉さんとダメ弟という設定だったんですけど、今回は逆でお兄ちゃんと妹みたいでした。役柄でも実際に救われるという役だったんですが、実際現場を引っ張って下さって。私も頼りにしていました。

小出恵介:最後の空港のシーンを最初に撮ったんですよね。

小西真奈美:そうなんです。順番が逆で…ムロさんはなんて優しい方なんだろうと思いました。男の子ばかりの中で溶け込めるかどうか不安だったんですが、いつも私にも話を回してくれるんです。

ムロツヨシ:そんなことするのは、小西さんにだけです。僕、年長者なんで(笑)。本当にありがとうございます、僕と共演してくれて。

小栗監督:さっきメイキングを見て、「皆と作ってたんだな」と思って、嬉しくなりました。役について1人1人といろいろ話したり、もちろん勢いでやってもらう部分もあって。タイトなスケジュールで過酷な状況の中、キャストにはやってもらいました。皆がイキイキしていたなと思いました。小出君には、「巧は中心人物で、いつも決断を下すのは巧だから、そういうのをちゃんとしてほしい」と頼みました。あとカッコイイ巧にしたかったので、「とにかくカッコよくしてくれ」と。亮平の役は妹をどう思っているかっていうのを中心に話しましたね。1番気が弱くてちょっとビビりだから強い自分に憧れるという役だけど、やっぱり根底には妹への思いがあるという役だったので。剛の秀人はとにかく“5秒で落とせる顔”をしてくれと。

綾野剛:「あと3割増しいい顔になってきて」とか言われました。監督の悪ふざけですよ(苦笑)

小栗監督:でも、剛が落とした後の大竹さんは鉄板だから。ムロさんには最初に「もっと若い芝居を」ってお願いしました(笑)。

ムロツヨシ:自分と一回り年齢が違う役だから。役者をやっててよかった。

小栗監督:でも。4人とも本当に緊張してたんだね。皆挨拶どころじゃないでしょ。さっきから1点見つめてたり抜け殻みたいだよ(笑)

ムロツヨシ:撮影のときは(衣装が半端丈なので)脛毛剃ってたんだけど、今日剃ってないからさ。ごめんね(会場笑)。

小栗監督:大丈夫。遠いからお客さんには見えないよ。でも、今日衣装でやるって俺知らなかったから。剛に今日会ったら衣装来てたから、「これでやるんだ。ヤバいな」って思った。小西さんとは衣装合わせていろいろ相談させてもらって。小西さんはこちらのリクエストをなんでもやってくれるんですよ。だからこっちも色々と言ってみたくなるんです。「小西真奈美にこんなこと言ってもいいのかな」っていうことも。遠藤さんと絡むシーンは遠藤さんが結構ハードな感じにしたいとリクエストがあったので、小西さんにもやってもらいました。すべて挑戦してくれるので「こんなに肝の座った女優さんなんだ」と思いました。

──では、最後にみなさんの“いつか、きっと”を交えつつお客さんにメッセージをお願いします。

綾野剛:僕は“いつか、きっと”っていう言葉は好きじゃないんですが、今日来られなかった勝地くんも入れてもう1回演奏したいです。

ムロツヨシ:まだ皆とは撮影で出会って1年ぐらいの付き合いなので、この次にこのメンバーと何かしたいなって思えるまで、“いつも、ずっと”みんなでいたいです。

鈴木亮平:この映画を観ると昔の恋人に会ったようなおセンチな気持ちになるんですよ。なんかちょっと切ないような。皆さんにとってもこの映画がそういう映画になって欲しいです。“いつまでもずっと”皆さんの心の中に残る映画になるといいです。

小西真奈美:この作品を観た人にとって“いつか、きっと”この作品がいい思い出になると嬉しいです。今日はありがとうございました。

小出恵介:今日は緊張したけど楽しめました。3年前に旬くんに脚本を渡されて読んだ時、「今の彼のすべてが詰まっているな」と思いました。撮影中も作品も小栗旬らしいと思います。こんな作品は二度とできません。今の僕らにしか出来ないことをやったことが素晴らしいと思います。贅沢ですよね。撮影中の彼の背中に突き動かされました。僕らも「大変、大変」言ってましたが、たぶん彼が1番大変だったと思うんですよ。でも、自分の大変さを見せないで。それが全部残るのが嬉しいです。公開してからもよろしくお願いします。

小栗監督:今日は「シュアリー・サムデイ」を3バージョン聞きましたが、3曲が同じ「シュアリー・サムデイ」でも違う曲になっていて。昔親戚のおじさんにした「“いつか、きっと”って、英語でなんて言うの?」っていう質問がこんな形になるとは思いませんでした。色々な形で人の心に届くと思うので、トータス松本さん、菅野よう子さんには本当に感謝しています。僕らの出来ることはやってきたと思うので、あとはお客さんにこの映画を育てて欲しいと思います。今日は素晴らしい時間を共有で来て嬉しいです。本当にありがとうございました。

映画『シュアリー・サムデイ』公開直前イベント<シュアリー・サムデイ・スーパー・サマー>
登壇者:小出恵介、鈴木亮平、ムロツヨシ、綾野剛、小西真奈美、小栗旬(監督)
シークレットゲスト:トータス松本、手嶌葵、菅野よう子
@東京国際フォーラム ホールC

『シュアリー・サムデイ』
出演:小出恵介 勝地涼 鈴木亮平 ムロツヨシ 綾野剛 小西真奈美 横田栄司 竹中直人 岡村隆史 吉田鋼太郎 モト冬樹 原日出子 遠藤憲一 山口祥行 高橋光臣 須賀貴匡 高橋努 笹野高史 井上真央 阿部力 大竹しのぶ 津田寛治 妻夫木聡 上戸彩
監督:小栗旬(初監督作品)
脚本:武藤将吾(映画『クローズZERO II』、『クローズZERO』他)
音楽:菅野よう子(映画『ハチミツとクローバー』、『下妻物語』他)
制作プロダクション:トライストーン・エンタテイメント
配給:松竹
製作:『シュアリー・サムデイ』製作委員会
(C)2010「シュアリー・サムデイ」製作委員会
7月17日(土)全国ロードショー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA