そばめし大食い大会に90人 神戸・鉄板こなもん祭

お好み焼きやそばめしなど神戸・長田に縁の深い「粉もん料理」をPRする「第6回鉄板こなもん祭」が26日、六間道商店街など新長田南地区一帯で開かれた。「食のまち神戸長田」推進委員会の主催で、恒例のそばめし大食い選手権には男女約90人が出場。お好み焼きの食べ比べなどもあり、会場は焦げたソースの香ばしさに包まれた。

 そばめし大食い選手権では、3分間の予選を経て男女5人ずつが決勝に進出。男性の決勝は、予選で1キロ以上平らげた大食い自慢がそろった。会場から「そばめしは飲み物」「ぺろり、ぺろり」などと迫力ある声援が送られる中、出場者は顔を真っ赤にしながらコテでかき込んでいた。

 大食い大会ながら“味わって”食べたという神戸市須磨区の会社員浅野優作さん(31)は「濃いソースの味がおいしかった」と満足そう。2870グラムを平らげて優勝した三木市の公務員松本佑介さん(29)は「口の中でそばとめしが押し合ったけど、期待に応えられてよかった」と笑顔で副賞のソース1年分を手にした。

 また、地区内にある鉄人広場では、完成から間もなく1年となる「鉄人28号」原寸大モニュメントの建設費工面に協力した399の団体・個人名を刻んだ銘板の除幕式も開かれた。

 NPO法人「KOBE鉄人プロジェクト」の正岡健二理事長が「昨年10月に完成してからイベントを繰り返し、商店主が前面に出てくれて新長田が生まれ変わった」とあいさつ。「鉄人28号」を手掛けた神戸出身の漫画家、故横山光輝さんの代表作「三国志」の登場人物にふんした来賓が除幕を担当し、祭の参加者らも興味深げに見ていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA