福岡市動植物園、駅からの歩道に「動物マンホール」設置

2015年03月10日

福岡市営地下鉄薬院大通駅から福岡市動植物園(福岡市中央区南公園)へ向かう歩道に3月10日から、下水道マンホールに動物や植物をあしらった案内サインが登場する。

公共交通機関での来園を促すことを目的に設けるもので、同駅から同園へ向かう約1キロの間に11カ所設置する。デザインには、オランウータンやウサギ、キリン、フンボルトペンギン、アジアゾウなどの動物のほか、月下美人やハカタユリ、バラなどの植物を採用した。併せて「福岡市動植物園まで あと○○km」と残り距離も表記する。

3月15日には、設置を記念して11カ所のマンホールを巡るウォークラリーイベントも行う。地下鉄キャラクター「ちかまる」らも登場し、ゴールした人には記念品を進呈する。

イベントの開催時間は10時~13時。(10時~12時の間に同駅スタート)。参加無料。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA