クレーン車が作業中に倒れる 和歌山市

10月18日8時5分配信 産経新聞

 17日午後2時半ごろ、和歌山市松江北の新堀川にかかる「さくら橋」で、作業中の25トンクレーン車が倒れた。車体は欄干に引っかかったが、アーム部分が川に突き出た。運転手らにけがはなかった。

 市北下水道建設課によると、市内の土木業者が市から川底を下げる工事を請け負い、鉄板を川に打ち込む作業をしていたという。クレーンは約4時間後に業者が引き起こした。同課で倒れた原因を調べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA