うまかモン:たれのうまみ、佐世保名物堪能 /長崎

熱々の鉄板で出てくる佐世保名物「レモンステーキ」。レモンを搾り込んだしょうゆベースのたれは、鉄板の上で香ばしさも加わり、甘酸っぱくてビールもご飯も進む。

 「いの上」の「鶏の空揚げ」(600円)は、そんな佐世保名物のたれにつけ込むのが特徴だ。数年前、「ものは試し」と始めたメニューだが、これが好評。たれのうまみ濃い一品である。

 レモンステーキは、肉をたたき、薄くのばすのが一般的だが、この店では、サガリ(牛の横隔膜)を使っていて、たたかなくても柔らかい。たれは、しょうゆやブイヨン、砂糖、にんにく、そしてレモンを搾り込んで一度に2升(3.6リットル)ほどを作り、約1週間たるに寝かせて味をなじませる。鶏の空揚げ以外にも、このたれで仕上げた「焼き肉ピラフ」(800円)は飲んだあとの締めにもってこい。佐世保名物を種々、堪能できる。【野呂賢治】

==============

 ◇居酒屋「いの上」
 佐世保市湊町2-3。0956・25・2426。営業時間は午後5時半~午前0時。日曜定休。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA