「ミシュランガイド東京2009」-新橋から新たに3店、2つ星昇格も

11月19日13時48分配信 新橋経済新聞

 日本ミシュランタイヤ(千代田区)が発行する「ミシュランガイド東京」最新の2009年版に掲載される「星つき」レストランが11月18日に発表され、新橋エリアから新たに3店が掲載されることが分かった。

 新たに「その分野で特においしい料理」である「1つ星」を獲得したのは都内で唯一の天然鮎料理専門店「鮎正」(港区新橋4)、ロンドンにある3つのレストランで計7つの星を獲得している「ゴードン・ラムゼイ」(東新橋1)、ミラノに本店を持つイタリアンの老舗「BiCE」(東新橋1)で、昨年に引き続いて獲得の日本料理「ひろ作」(新橋3)と「笹田」(西新橋1)、中華料理「チャイナブルー」(東新橋1)、ステーキ「あら皮」(新橋3)、フレンチの「タテルヨシノ汐留」(東新橋1)が1つ星を守った。

 また、虎ノ門の郷土料理懐石「と村」(虎ノ門1)が「極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理」である「2つ星」に昇格し、日本料理「醍醐」(愛宕2)と名を連ねた。昨年ランクインした「鉄板焼き さざんか」(虎ノ門2)は星を失い、新橋エリアからは合計10店という結果になった。

 今年は都内で合計173店のレストランが星を獲得したが、日本料理やすし店が3つ星を初めて獲得した同書らしく、新橋でも郷土料理や天然鮎料理店が高く評価された。
 
 同書の発売は11月21日。価格は2,415円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA