ステーキハウス 八重洲「雅亭」

目の前でジューッとミディアム

 カウンターに座ると目の前で焼いてくれる。まず、鉄板に少々の刻んだ野菜をのせて炒め、湯気の出るそれを脇に寄せてから肉切れを置く。ジュワーっという音と共にフワッと牛肉の香りが漂う。ササッと塩を振る。味付けはそれだけ。慎重に焼け具合を見定め、スッ、スッと一口大にカットし、皿に盛り付けてくれる。ミディアムだ。職人の流れるような手さばきを目の前にするのは気持ちが良い。

 ステーキの皿、ご飯の茶碗、小鉢などは赤志野で揃えている。やや無骨で素朴な印象の陶器である志野は、和食向けの食器とばくぜんと思っていたが、こうしてステーキなどが載ってみるとそれはそれで悪くない景色を作り出す。もっとも赤志野もそろえ続けるのはなかなか大変だそうで、少しずつ変えることも考えているとか。

価格を考えれば十分満足

 で、肝心のステーキだが、1000円前後のランチとして不足はない。メニューも上を見ればきりがないが、価格の範囲で十分に良心的といったところ。軽く塩を振っただけのさっぱりしたステーキをおろし醤油で食す。肉本来の味を生かすため、調理も食べ方もシンプルだ。野菜も少々の塩と胡椒を振りかけて炒めただけで、やはりあっさりしている。

 ステーキランチに使うのはヒレ肉に似た食感のランプ。120グラムが通常の1人前で1100円。180グラム=1500円、240グラム=1900円もある。どうも前世、餓鬼道で苦しみでもしたのだろうか、あるいは単に品性が卑しいだけなのか。この日もつい1.5人前の180グラムを指差していた。

売り物は黒毛和牛

 この店の看板は黒毛和牛、とりわけ産直の「米沢牛」。店の説明によると米沢牛の年間出荷頭数は2000頭弱。松阪牛3000頭、宮崎牛12700頭と比べて個体数の少なさが生産者の品質管理に結びつき、良い牛を育てているのだろうという。黒毛和牛はランチで3150円と3650円。コースは6000円前後からだが1番人気は7000円のコースとか。いつか奮発して黒毛和牛を食してみたい気もする。

 ランチはステーキのほかにサービスランチ990円、ハンバーグ1100円、和牛ねぎトロ丼1200円(限定5食)、サーロイン(180グラム)2000円、テンダーロイン(150グラム)2000円などがある。

隠れ家的たたずまい

 東京駅から桜通りを高島屋方面へ進み、仲通りを左折すると左手にある。地下への階段はうっかりすると見落としてしまいそう。こぎれいで静かな店内、隠れ家的でもある。迎える従業員は家族経営の暖かそうな人ばかり。ステーキ屋にありがちな少々しつこい香り(空腹のときにはたまらないのだが・・・)もあまりない。

 目の前の鉄板で焼き続けるチーフの加藤さんは、白い服を脱いでネクタイの一つもすれば、エリート銀行員といった風情。でしゃばらない程々な会話。対面していても肩肘張らず済むのがありがたい。寿司屋や天婦羅屋などの職人で客を見下すのが趣味のようなタイプも時にいるが、ここの人たちは素朴な感じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA