稲葉製作所:大和工場の閉鎖と希望退職者の募集を発表

7月1日0時16分配信 サーチナ

■大和工場の生産設備は主要工場に集約

 稲葉製作所 は、30日に開催された取締役会議で、大和工場(神奈川県大和市)の閉鎖及び希望退職者の募集を決議した。

 大和工場は1980年からの操業で、オフィス家具の特注品・小ロット品の生産工場としての役割を果たしてきた。しかし、老朽化が進み、周辺が創業時とは異なり、住宅地が隣接したことで、工場を稼働させる環境ではなくなってきた。しかも、最近の急激な生産の落ち込みもあり、運営上効率的とはいえなくなったため、閉鎖することを決定した。

 大和工場の生産設備は、主要工場に集約し、移管することで、生産の効率化と経営体質の強化を図る。また、工場閉鎖に伴い、希望退職者70名程度を募集。募集期間は7月6日から7月31日まで。

 同社は、これまで、鋼板を買い入れ、自社で切断・加工する等、最も効率的な経営を推進してきた。しかし、リーマンショックの影響により、米国を始めとしたファンドが撤退したことで、オフィスの空室率が高まり、売上が減少している。(情報提供:日本インタビュ新聞社 Media-IR)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA